ダイエーで一番トクする! イオンカードセレクトのススメ

ダイエーがイオン系のお店になってしばらく経ちました。イオンの「本家」とは若干違いがあるものの、基本的にはポイント制度もイオンの仲間入りをしています。このへんの事情は以下の記事にまとめたとおりです。

ダイエーがイオン傘下に入ってしばらく経ちました。その変化を感じる点といえば、「トップバリュ」「ベストプライス」といったイオン系のPB商品が店...

で、結局どういう支払い方が一番おトクなの?というのはこちらの記事にまとめました。

今や日本の流通業界を代表するグループとなったイオン。電子マネー「WAON」とクレジットの「イオンカード」という2枚看板を有していますが、どち...

このページでは、上記の記事の中に出てきた「イオンカードセレクト」についてご紹介します。オットーも早速作ったのですが、多少の面倒を我慢すれば、ダイエーを一番おトクに利用できます

ツマー
面倒なの?何が?

オットー
読めば分かるけど、カード代金はイオン銀行の口座から引き落としなんだよ

新たにカードを作る方向けに、ポイントを取り逃さないカードの発行方法、カードが到着してから当面の使い方等をまとめました。うまくすれば1万円以上のお小遣いになりますよ!

イオンカードセレクトとは?

イオンカードは、文字どおりイオングループの発行するクレジットカードです。種類はいろいろあるのですが、さて「セレクト」とは?

クレジット+電子マネー+銀行の1枚3役

イオンカードセレクトは、クレジットカード、電子マネーWAON、そしてイオン銀行のキャッシュカードが1枚にまとまった「1枚3役」のカードです

いってみれば、イオン系の金融サービスにどっぷり浸かるためのカードです。それだけに特典も最大なのです。

カード代金はイオン銀行の口座引き落とし

このカードに申し込むと、イオン銀行の口座を開設しないといけません。
開設するだけなら簡単なのですが、クレジットカードの代金は当該イオン銀行口座からの引き落としに限定されるため、クレジットカード機能を使う限り、イオン銀行の口座も使わざるを得ません。

これを機にイオン銀行をメインバンクにし、給与振込もイオン銀行にしてしまえ!という方はともかく、そこまで至らないとすると、毎月1回、お金をイオン銀行に移すという手間がかかります。うっかりお金を移し忘れるとあなたの信用に傷がつきます。

「セレクト」の何がいいの?

そこまで苦労してイオンカードセレクトを持つメリットは何でしょうか?

メリット1:WAONが無料で手に入る

電子マネーWAONは、カードを作る際に300円(税込)の発行手数料がかかります。探せば発行手数料キャッシュバック等のキャンペーンもあるのかもしれませんが、私たちの生活圏内では見かけません。

そこへいくと、イオンカードセレクトは発行手数料が無料です。たかが300円、しかも一度きりの話ですが、オットーがまず目を付けたのはこの点です。

メリット2:カードを作るだけで数千円の特典あり

2点目のメリットとして、イオンカードセレクトを作ると、それだけで数千円の特典(実質的なキャッシュバック)がもらえる、ということがあります。
ポイントを逃さずゲットするための手順についてはあとで説明しますね。

メリット3:WAONオートチャージで0.5%~1.5%還元

そして3点目。電子マネーWAONでの支払い時にチャージ残高が一定以下となった場合、イオン銀行の口座から自動的にチャージする「オートチャージ」機能があり、この機能を使うと、チャージ額の0.5%のWAONポイントがたまります
さらに、月々の利用額が一定以上であれば、毎月5・15・25日のオートチャージ時に限り、WAONポイントが最大1.5%貯まります。

WAONにチャージする際にポイントが貯まるのは、イオンカードセレクトでイオン銀行口座からオートチャージをする時だけです。WAONを多用すればするほど、イオンカードセレクトの優位性は高まります。

ポイントを逃さずゲット! イオンカードセレクトの正しい作り方

イオンカードセレクトの申込書はダイエーの店頭にもあるのですが、これだと入会時に受け取れるポイントが目減りします。

ポイントサイトを経由すれば、クレジットカードの新規申し込みに対し、換金性の高いポイントをつけてくれます。これを利用しない手はありません。

安定の「ハピタス」をおすすめします、が…

ポイントサイトについて、すでにご存じの方はいいのですが、そうでない方のために説明します。

世の中には「ポイントサイト」という種類のサイトがあります。要するに「広告まとめサイト」みたいなものです。このサイトを経由して買い物やサービス(大抵、ポイントサイト外の他社が提供)の申し込みをすると、独自のポイントが貯まります。貯まったポイントは現金化したり、ギフト券に交換したりできます。

数あるポイントサイトの中で、定番といえば「ハピタス」です。ポイントの貯まる対象が多いこと、実績があって安心なこと(世の中には詐欺的なポイントサイトもあります)等、総合的に考えておすすめします。

まだ登録していない方は、以下のバナーから登録してみてください。費用は一切発生しません。逆に、登録によって30ポイントがもらえます!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

で、当初はこの後に「ハピタスからイオンカードセレクトを申し込む」という文章を書いていたのですが、何と2017年3月25日現在、イオンカードは対象なのに、イオンカードセレクトだけポイント付与対象から外れていました…。どうしたことでしょうか。わざわざポイント付与しなくても、おトクだからみんな入会するだろう、ということでしょうか?

あなたがこれを読んでいる段階では復活しているかもしれませんので、ひとまずハピタスに登録の上、ハピタスのサイト上で「イオンカードセレクト」と検索してみてください。

今、代わりに選ぶなら「ポイントインカム」

それでは、今、入会時にポイントをもらうなら、どこのポイントサイトがよいのでしょうか?

次なるオススメは「ポイントインカム」です。こちらも定評のあるポイントサイトで、実はオットーがイオンカードセレクトを作った際もこのサイト経由でした。

2017年3月25日時点では、新規カード発行で60000pt(6000円相当)となっています。つまりカード発行だけで6000円相当がもらえます! 普通のWAONをお店で作ると300円とられるので、えらい違いです。

下のバナーから新規登録すると、イオンカードセレクトを作らなくても、100円分のポイントがいきなりもらえます。
暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

登録・ログイン後、上部の「クレカ比較」のボタンを押してみてください。「イオンカード(WAON一体型)」というのが見つかると思います。
「カードを申込む」ボタンを押すと、イオンカードのページに飛びます。

申し込むカードを間違えないで!

2017年3月25日現在では、入会で最大8000円相当のポイントプレゼントだそうです。さっきの6000円とは別に8000円ですからね。大盤振る舞いです。

オットー
自分が入会したときは「最大5000円相当」だったんだよなー

イオンカードセレクトは、書類を郵送しなくてもオンラインで申し込みが完結するので楽です。家にプリンタがなくても大丈夫です。

カードの種類がいろいろありますが、必ず「イオンカードセレクト」を選んでくださいね。通常デザインとディズニー・デザインがありますが、どちらでもOK。絵柄に気を取られず、カード表面に「イオン銀行」という文字があることを確認してください

あとは指示に従って申し込みを完了してください。

Web明細は必須アイテム

補足です。申し込みの途中で「Web明細にしますか?」と尋ねられたら、迷わずYesと答えましょう

Web明細というのは、クレジットカードの利用明細を郵送せず、代わりにウェブで確認するというものです。今時、どこのクレジット会社でもやっていると思います。

これを選択すると、初回に200ポイント、以後、明細発行ごとに10ポイントのときめきポイントがもらえます

クレジット決済で初回ポイントを大量ゲット!

無事にカードが届いたら、しばらくはWAON決済ではなく、クレジット決済で利用しましょう
というのは、入会時の特典ポイントをできるだけ多くもらいたいからです。

2017年3月のキャンペーンでは、2017年5月10日までのカードショッピング利用金額に応じてポイントが付与される、とあります。1万円以上で1000ポイント、5万円以上で4000ポイント、10万円以上で7000ポイントです。

クレジット決済を増やすヒント

ということで、できれば10万円のクレジット利用を達成したいところですが、期間が短いので、10万円使うのは大変です。イオン系のお店を普段使いするだけでは厳しいと思います。

一つの方法として、amazonのギフト券を買うというのがあります。買ったギフト券を自分で消費すれば無駄にはなりません。ちょっと先払いするだけです。
ただし有効期限があるので、普段amazonを使わない人があまり多量に買うと持て余します。そのへんは気を付けてください。

また、買い物をする場合、狙い目なのは毎月10日です。この日だけは、カード決済でもらえる「ときめきポイント」が2倍になります。通常0.5%還元のところが1%還元になるので、他のクレジットカードと比べてもまずまずの還元率です。

貯めても使えない? ときめきポイントを活かすには

上で出てきた「ときめきポイント」は、イオンカードのクレジット決済を利用したときに貯まるポイントです。
このときめきポイント、意外に使いにくいので要注意です。

2年で1000pt貯めないと使えない

まず、有効期間が短いのです。「ポイントの獲得期間開始日の翌々年末誕生月末日」となっています。
たとえば4月生まれの場合、2017年のポイント獲得期間は「2017年4月11日~2018年4月10日」となり、この期間に獲得したポイントの有効期限は「2019年4月30日」となります。つまり最短で1年強、長くても2年強しかありません。

次に、「換金」の単位が大きいことが挙げられます。
最も換金性の高い使い方は「WAONポイントへの交換(→電子マネーWAONへチャージ)」なのですが、最低1000ポイント以上500ポイント単位となっています。つまり、最低1000ポイント貯めないと「換金」できません

以上より、ときめきポイントを失効させないためには、約2年の間に1000ポイント貯めないといけないことになります。
たとえば2017年4月11日から貯め始めたとすると、有効期限が2019年4月30日です。この日までに1000ポイント以上貯めないと、ポイントを「換金」できずに終わってしまいます。

ときめきポイントを貯めるには?

では、ときめきポイントを貯めるには? クレジット決済を利用する、これに尽きます。

以下のページでご紹介していますが、ダイエーを利用する場合、イオンカードセレクトで一番おトクな決済方法はWAONです。

今や日本の流通業界を代表するグループとなったイオン。電子マネー「WAON」とクレジットの「イオンカード」という2枚看板を有していますが、どち...

しかし、だからといってWAONばかり使っていると、ときめきポイントが貯まらずに終わってしまいます。適度にイオンカード決済を利用しなければいけないのです。

ポイントアップの日を活用しよう!

おすすめは「ポイントアップデー」の活用です。ダイエーだと毎週日曜日がポイント10倍デーとなっています。この日だけでもイオンカード決済にすれば「2年で1000ポイント」に大きく近付きます

たとえばダイエーで、日曜日に月1000円の買い物をするとします。これに対するときめきポイントは50ポイントです。さらにWeb明細を利用していれば、クレジットの明細発行時に10ポイントがもらえます。これで月60ポイント、年間720ポイントですから条件クリアです!
日曜日は月に4、5回ありますし、月1000円なら何とかなりそうですよね。

ボーナスポイント商品も見逃せない

また、商品によっては「1個購入ごとに10ポイント」といったボーナスポイントがもらえることがあります。こうした商品をクレジット決済で買うと、ボーナスポイントはときめきポイントとして付与されます。

ポイントのつく商品がごく限られるのが欠点ですが、もしそうした商品を買うことがあればクレジット決済にするのがよいでしょう。

潔く捨てるという選択も

ただ、こんな面倒が嫌なら、カード作成時にもらったときめきポイントを換金した後はクレジット決済を一切せず、ときめきポイントを貯めない、使わないというのも一案です。Web明細でもらえるポイントもたかだか月10ポイント(10円相当)です。

オットー
まあ、この10ポイントを捨てられるくらいなら、もっと偉くなってると思うんだよね、俺

ツマー
そうだね

軌道に乗ってからの注意点

最後に、このカードをイオン・ダイエーで末永く活用していく段階のヒントです。

資金の移動を忘れずに

イオンカードセレクトは、クレジット代金やWAONオートチャージの引き落としがイオン銀行の口座に限定されます。
ということは、イオン銀行の口座にお金が入っていないと、このカードは機能しません

給与の振込先をイオン銀行に変えてしまえ!というくらいの勢いならイオンにも喜ばれると思いますが、そうでない場合、月々の資金移動はお忘れなく。

幸い、イオンやダイエーの店舗には大抵イオン銀行ATMがあり、他の銀行カードも手数料無料で利用できる場合があります。
たとえばみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行は平日昼間なら手数料無料です。オットーとツマーが愛用している新生銀行はいつでも手数料無料です。メインバンクがこうした銀行なら、イオン銀行ATMで手軽に資金移動ができます。

オートチャージの設定変更

このカードのメリットは、WAONへオートチャージしたときに0.5%(条件により最大1.5%)のポイント還元があるという点です。逆にいえば、オートチャージを使わないならこのカードを持つ意味はほとんどありません。ですからオートチャージの設定は重要です。

オートチャージの初期設定は「チャージ残高が3000円を下回ったら、3000円チャージ」です。この設定だと、1回の買い物が3000円を超えたら残額不足となる可能性があります。せっかくWAONが使えるのに、残額不足というだけで使えなくなるのはもったいないですよね。

自分の「最大買い物額」を考慮して、オートチャージの設定を見直してみてください。金額設定の変更はイオン銀行のATM、WAONステーション、Web(WAONネットステーション)でできます。

終わりに

以上、イオンカード最強ともいえる「イオンカードセレクト」のご紹介でした。100%使いこなすのは若干面倒ではありますが、とりあえず作って、初期に頑張って利用するだけで相当な臨時収入になりますので、普段ダイエーを利用する方、ぜひ検討してみてください。