すかいらーくの優待券が大量到着! 使う?現金化?

クロス取引の説明を書く前に、次なる優待品が届いてしまいました…。「説明するする詐欺」みたいで申し訳ありません。

週末、すかいらーく(3197)から株主優待券が届きました!

すかいらーくは6月末・12月末の年2回、権利確定があります。今日届いたのは12月末の分です。

※2017年9月到着分の情報、最新の買い取り相場などは以下ページをご覧ください。

しばらく前に、株主優待3倍増というので話題になった「すかいらーく」。2017年9月、初の「3倍増」優待が届きました! すかいらーくのお...

12月末にはほかに有力な銘柄があまりなかった上、すかいらーくは珍しく「株数が多いほど優待の割がいい」という銘柄なので、オットーは思い切って1000株(当時の金額で161万円)買いました。100株だと優待券1000円分なのですが、1000株だと12000円分もらえます。

ということで500円券が24枚届きました。壮観ですね。

…と書いたあとにツマー名義の分も(なぜか時間差で)届きました。こちらは300株で7枚、3500円分です。

入手コストは?

この株主優待券を入手するのにかかったコスト(2人分の合計)は以下のとおりです。

  • 現物株購入手数料 1146+267円
  • 一般信用売建手数料 1015+484円
  • 貸株料 1853+556円(12/1~12/28)

計5321円です。決して安くはありませんが、それによって15500円の優待券が手に入ったので、額面どおりに使えば約10000円の収入となります。

なお、すかいらーくは株主優待の大幅拡充を発表しました。何と、今までの3倍も優待券をもらえるようになるそうです。株価も少しは上がるのでしょうが、入手コストが3倍になるとは思えませんので、次期以降、ますます注目の銘柄となります。

どう使う? すかいらーくの優待券

では、我が家ではこの優待券をどう使うか?ということなのですが、正直、悩んでいます。

店舗でも宅配でも使えるが

まず、生活圏内に「ガスト」「ジョナサン」等の店舗がありません。少し遠回りすれば行けなくもないのですが、何度か利用したところ店舗の居心地がイマイチでした。

ツマー
揺れて気持ち悪いんだよね

オットー
1階が駐車場で2階が店舗という典型的な「ファミレス構造」なんだけど、道路の振動を拾っているんだろうね

ということで、券の消費方法としては専ら宅配です。自宅はガストとバーミヤンの宅配エリアに入っています。しかしこちらも、価格の割に満足度がイマイチで、「家に食べ物が何もない」「オットーが仕事で不在」といったときの非常食としての利用が主です。

金券ショップで「92%買い取り」は本当か?

いっそ、自分で使わないで金券ショップに売ってしまおうか、と考えました。券面を見るに、転売不可とは書いてありません。

では、金券ショップでの買い取り相場はどの程度か?と調べてみると、有名な雑誌「ZAi」にこんな記事が載っていました。

株主優待券を金券ショップで現金化したら?
換金率90%超のケンタッキー(日本KFC)やすかいらーくなど「高現金化率の株主優待」を発表!
http://diamond.jp/articles/-/85752

この記事によると、すかいらーくの優待券は額面の92%で買い取ってくれるそうです。これが本当だとしたら、今すぐ売りに行くレベルです。何せ金欠ですので。

しかし、ウェブで検索すると、92%などという買い取り価格はなかなか出てきません。80%程度の店も多くあります。

上記記事の取材元である「アクセスチケット」のページを見ると、2017年3月10日現在では、買い取りレートは確かに92%(500円券を460円で買い取る)となっていました。が、同3月13日に同じページを見ると、前触れもなく420円に値下がりしていました。レートは84%、えらい違いです。

さらに言えば、ネットで出てくるのは大抵、郵送での買い取りレートです。券が何百枚もあるなら別ですが、たかだか10枚、20枚では、送料やら振込手数料やらでかなり目減りします。
たとえば31枚をアクセスチケットへ売却する場合、優待券を店に送るときの送料が510円(レターパック510を利用した場合)、身分証明書としての住民票の写しが200円(私たちの自治体の場合)、代金の振込手数料が108円で計818円かかります。実際に手元に入る現金は420×31-818=12202円となり、額面が15500円ですから実質買い取りレートは約79%となります。

じゃあ店に直接売りに行ったらどうか?というところですが、紹介した記事にも注意書きがあるとおり、店頭買い取りは郵送よりレートが悪くなるのが普通です。ということは80%程度が関の山でしょう。

ヤフオクでの落札相場もチェックしてみましたが、大体88%程度なら入札が入るかな?といったところです。この場合も出品手数料などが引かれますし、出品には「Yahoo!プレミアム」への登録(月500円)が必要です。

以上を勘案すると、実質的な買い取り価格は額面の8割程度で考えておくのが無難ではないでしょうか。

教訓:用途・有効期間の限られた券は要注意

この文脈でこんなことを言っても全く説得力がないのですが、株主優待品を選ぶ際には、「自分が確実に利用するもの」を選ぶのが鉄則だと思っています。「確実に現金化できるもの」でもよいのですが、その際には売却レートを低めに見積もったほうがよいでしょう。

今回のように、用途が限られ、かつ有効期限もあるものは注意が必要です。期限が迫れば現金化もどんどん困難になります。私たちも、3月中には「使うか売るか」を決めようと思います。

オットー
実はRF1のおそうざい券も相当余ってるんだよねー

ツマー
駅ビルに店があるんだから、使えばいいじゃん

オットー
お惣菜にしては高いから、何か、普段使いは気が引けてねー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする