今週の義務弁 Part3(7/10~16)

「義務弁」シリーズは、撮りためた写真を古い順にご紹介していくつもりでした。

が、当たり前ですが、3ヶ月前に作った弁当のことはほとんど思い出せません。

ということで、今さらですが、今週作ったばかりの弁当を紹介していくということにしたいと思います。過去の写真はどうしよう…

2017/7/10 (月)

月曜日なので、週全体のリズムを作るためにも頑張りたかったところなのですが、実際には今週一番厳しい条件でした。

というのは、夕食を作り終えた段階でツマーが体調を崩し、大学病院の救急外来へ行くことになったからです。帰宅したのは1時過ぎ。久々に手作りしたカレーライスを食べ終えたのが2時ごろのこと。ここから弁当作りとは、もう今週はどうしたらいいんでしょうか。

しかしそこは義務弁、作らなければ教育を受けさせられない! 日本国憲法に違反してしまう! その義務感だけを力に、作りましたよ。ええ。

ということで中身はあっさり。ちゃんと作ったといえそうなのは「ときどり」だけです。
さつまいもは、適当な厚さに切って蒸し器(といっても深めのフライパンに水を張って台を設置しただけ)にかけ、30分放置。ブロッコリーも切って塩を振って蒸しただけ。ミニトマトは入れただけ。

「ときどり」レシピ、そして副産物

我が家の弁当にしばしば登場する「ときどり」。別記事にも書きましたが、かの小林カツ代さん考案のメニューです。食べたい「とき」に作れるから「ときどり」という命名だったと思います。

その名のとおり、非常に簡単なのです。

  • 鶏もも肉は、切っても切らなくてもよい。
  • 皮を下にしてフライパンで焼く(中火)。焦げ目がついたら裏返し、こちらもしっかり焼く。
  • 焼き上がった鶏肉を、醤油1:みりん1のタレの中に入れ、自然に冷ます。

夕食のおかずならば、もも肉を丸ごと1枚というのもいいでしょう。しかし弁当用だと切ったほうが詰めやすいし、表面積が大きくなるので味も濃いめになります。
我が家では、唐揚げ用の肉をさらに2等分するぐらいの大きさにしています。これだと火の通りも早く、中が生焼けという心配がありません。

本来のレシピだと、出てきた脂をキッチンペーパーで拭き取りながら焼くようですが、そこまで手をかけなくても十分おいしくできます。

たれの量ですが、肉にはそれほど吸収されないので、醤油大さじ2、みりん大さじ2をボウルに入れておけば、もも肉2~3枚に対応できます。足りなければ足せばいいだけの話です。

で、このレシピの隠れたお楽しみが「肉を焼いた後」。フライパンには鶏肉のうまみと脂が残っています。ここにご飯と卵、刻んだネギ、塩コショウを入れて軽く炒めれば、素晴らしいチャーハンの出来上がりです!
長年チャーハンは苦手だったのですが、冷めたフライパンに卵を割り入れ、その上にご飯を投入して卵をご飯にからめ、それからおもむろに点火すると、手早く調理しなくてもパラッと仕上がります。卵を溶くことすらしないので、余計な調理器具も使いません。

2017/7/11 (火)

昨日の疲れが抜けず、朝は寝坊しました。

ということで4品中3品は昨日の残りをそのまま利用。すまぬムスコー。

残る1品は豚肉の生姜焼きですが、これも簡単。生姜焼き用の肉は高いし、弁当に入れる場合にはどっちみち切るので、豚小間で十分です。この日は豚バラ薄切りが安かったので珍しく豚バラで作っています。

肉200gに対し、醤油、酒を各大さじ1(醤油は気持ち少なめでもいいか?)、しょうが適量、オイスターソース適量。火をつける前にこれらをすべてフライパンに投入し、まぶしてから弱めの中火でゆっくり火を通していきます。
以前は強めの中火でやっていたのですが、火が弱いほうが味がよく染み、また肉が硬くならないように思います。

2017/7/12 (水)

相変わらず寝坊しています。以前は5時台に弁当が完成していたのですが、今は6時に起きています。これで遅刻するなというのは厳しいですね…

芋類として、さつまいもを3日連続で入れています。蒸した芋は冷蔵庫で保存しているので日持ちは大丈夫だと思いますが、さすがに若干の申し訳なさはあります。
ブロッコリーはさすがに3日連続はまずいと思い、ちくわにきゅうりを詰めたものを急いで作りました(作るというほどでもありませんが)。ちくわ5本に対しきゅうり1本を切ると余るので、余りは薄い輪切りにした上で、2%の塩で塩もみし、冷蔵庫へ。これが明日以降のおかずになっていくわけです。

で、今日のメインは牛焼肉風。牛丼用の肉が安かったので、当初は牛丼の具を作ってご飯を別々に盛ろうと思っていたのですが、面倒になったので焼くだけに。
焼肉のタレは簡単で、醤油1に対しはちみつ1。200gの肉に対して各大さじ1~1.5程度でいいと思います。今回1.5でやったら若干味が濃いめになりました。にんにく、豆板醤は好みで加えます。
タレがよく絡むように、肉に小麦粉を少し振ってからタレを回しかけ、弱めの中火で焼きます。

ビミョーな「おにぎり丸」

さて、これまで95%以上の日は「ゆかりご飯」だったのですが、今日は突然おにぎりです。

これはムスコーのリクエストによるもの。今、学校で「カレーおにぎり」が流行っているらしく、どうしても作ってほしい、と前から言われていたのです。

カレーおにぎり?何じゃそりゃ?と思いますよね。オットーはたまたま知っていたのですが、冷凍食品でそういうのがあるのです。

おにぎり丸(味の素冷凍食品)
https://www.ffa.ajinomoto.com/onigirimaru

これまで、おにぎりの具になり得なかったものを具にしてしまおう!というコンセプトの冷凍食品で、カレー、ビビンパ、麻婆豆腐、餃子、角煮の5種類があるそうです。

作り方は簡単で、ラップの上にご飯を広げ、真ん中に凍ったままの「おにぎり丸」を置いて、ご飯で包み込み成形するだけ。朝作れば、昼には自然解凍されているという寸法です。

実際に作ってみましたが、具が若干はみ出そうになりながらも、何とか形を整えることができました。オットーにできるのですから、世の中の90%の人は同じようにできると思います。

しかし、簡単とはいっても「ゆかりご飯」より手間はかかります。しかも、これを作ったからおかずを一品減らせるかというと、そういうわけにもいきません。

つまり、手間とコストは単純に増加するだけです。タイトルに「ビミョー」と書いたのはそのためです。

これまで、オットーは半ば意地になって弁当に冷凍食品を入れてきませんでした。
その禁を破ったというのに、別に楽にもならないし、むしろ時間がかかる。食べる子供は喜びますが、作る大人としてはメリットを感じられないのです。
強いて言えば、カレーには少量ながら多種類の野菜が入っているので、栄養面で多少ながら改善されるといったところでしょうか。

4個1パックなので、あと3回は作りますが、その後はどうしようかと思っています。リクエストがあれば2回に1回ぐらいは応える感じかな…

2017/7/13 (木)

今日も寝坊しました。ということで作り手に優しい内容です。

まずは定番の粉吹き芋。これは今朝急いで作りました。といっても、じゃがいもを切って茹で、湯を切って塩をまぶし水分を飛ばすだけなので、慣れれば15分ぐらいでできます。

野菜に関しては、昨日のちくわきゅうりが残っていたので再度入れました。大人の分まではなかったので、大人は緑のものはなし。

そしてメインがソーセージという体たらく。味付けなしで、切って炒めただけ。ソーセージの味がストレートに出るので、銘柄は好みのものを探したほうがいいと思います(ちなみに今回はセブンプレミアムの2パック298円のやつです)。
一応これには言い訳があって、ソーセージとじゃがいもの組合せは鉄板なのです。だから粉ふき芋は頑張って作ったのです。以上。

おにぎりは2日連続のカレーおにぎり。

2017/7/14 (金)

ようやく金曜日。起きたらまた6時ですよ。
昨夜は酒飲んで23時前に一旦就寝、2時半ごろ起き出して洗濯物を干し、食器を洗って3時過ぎにまた就寝。目覚ましは5時半にかけていましたが、起きるのは無理。

今日は3品すでに作りおいていたので、頑張って肉巻きを作りました。

肉は豚ロース肉の薄切り。形が整っているので小間切れより高く、安い日を選んで買っています。この日はアメリカ産のが100g138円+税だったか。この程度なら、300円程度で何とか2.5人分作れます(足りなければ自分が我慢するということで)。

薄切り肉を広げ、そこに人参とチーズ(それぞれ拍子切り)を乗せて巻いていきます。人参は切った状態であらかじめ茹でてあります。十分火を通さないと子供が苦手な味になります。
味付けですが、巻く段階で粉末のコンソメを肉に塗っておくと、塩などを振らなくてもOKです。

チーズ入りはおいしいのですが、焼いているうちにチーズが溶け出してくるので、人参とチーズは肉の幅に対して短めにし、肉でチーズの側面をガードしながら巻く(側面からチーズが露出しないように)とうまくいきます。焼いた後に側面を切り落とせばいいのです。
ただし、こうすると側面は火の通りが悪くなるので、箸で1個ずつつかんで側面を個別に焼くか、蓋をして弱火でじっくり焼くか、どちらかしたほうがよいと思います。

彩りを考えると、たとえばいんげんを巻くのがきれいで、以前はそうしていました。ただ少量では売っておらず、残ったものを何に使うか?というとちょっと悩む上、時期によっては高い(外国産しかないこともある)ので、最近ご無沙汰です。

意外なところで、きゅうりを巻いて焼いたらどうかな?などと思うのですが、まだ冒険していません。

おにぎり丸すら作る余裕がなかったので、今日はゆかりご飯で勘弁してもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする