今週の義務弁 Part7(8/7~8/10)

世間は夏休みまっただ中ですが、学童に通っていると、弁当的には全く関係ありません。オットーに夏休みが訪れるのは何年後でしょうか…。

2017/8/7 (月)

週末に遠出をしたのですが、その結果、私以外の身体がボロボロで、帰宅後早々に大病院の救急外来へ行く始末。帰宅しても冷蔵庫に作り置きはなし。ありがちですが、幸先の悪いスタートです。

こんなときはフル時短メニューです。タイマーをかけて放置するだけのサツマイモ、差し込むだけのちくわキュウリ、そしてフライパンだけで作る生姜焼き。
食べる側からすればつまらない内容だと思いますが、そこは義務弁。この悪条件下でも安定して用意できたことに意義があると思います。

デザート、どうしてますか?

さて、日々の弁当写真にはデザートが写っていません。が、子供の弁当といえば何かデザートを入れるのが定番ですよね。

幼稚園のころは週1回なので、季節の果物を入れるようにしていましたが、毎日となると経済的にちょっと厳しいと思います。いや、毎日同じ果物なら何とかならなくもないのですが。

そこで小学生のお弁当の定番、ミニゼリーとなるわけです。これなら1個10円ぐらいですから、毎日3個ぐらい入れても大したことはありません。保存がきくのもありがたい。

ところが、そこは横並びの好きな小学生、ムスコーがゼリーの銘柄を指定してくるわけです。

ムスコー
ぷるんと!ぷるんと!

ぷるんと?? 蒟蒻ゼリーなのだそうですが、近くの大型スーパーのお菓子売り場には見当たりません。別銘柄の蒟蒻ゼリーならあるのですが…

後日、ようやく見つけたのがこちら。オリヒロが出している商品でした。

実は、同スーパー内の日用品コーナー(ドラッグストア的な売り場)に置いてありました。気を付けてみてみると、ドラッグストアに取扱店が多いようです。

このゼリーを指名買いする理由はよく分かりませんが、独特の形状がいいのでしょうか。オットーは1個も食べたことがありません。

2017/8/8 (火)

昨日の蓄積があるので、今日は1品作っておしまいという楽勝メニュー。

定番中の定番、ときどりです。もも肉2枚、計500グラムほどを焼いたのですが、この日のうちに食べつくしてしまいました。

前日、ちくわキュウリで残ったキュウリを塩もみして翌日用にストックしておくというのはお約束です。

2017/8/9 (水)

毎晩とにかく寝不足で、かつ家事のため睡眠を細切れにしかとれず、水曜日にしてバテバテです。しかし月曜日に作ったストックは全部使い切ってしまい、今日は3品作らないといけません。

ということで、可能な限りの時短を図った結果がこちら。

メインのおかずがソーセージというのは若干申し訳なさを感じますが、見てくれはともかく、けっこう美味しいと思います。
セブンプレミアムのあらびきウインナーで、2袋400円ぐらいで売っているものですが、1袋で2人前にはなります。特に味付けはせず炒めただけですが、ご飯のおかずにもなりますし、じゃがいもとの相性もばっちり。

粉ふき芋、ブロッコリーはまさに定番ですが、我が家ではこの2品を同じ鍋で作るので(同時に造るという意味ではありません)、時間配分には頭を使います。
まずブロッコリーを蒸し、その間にジャガイモの皮をむいて小さくし、その仕事が終わったころにブロッコリーが蒸し上がっているのでザルで冷まし、すぐさま湯を沸かしてジャガイモを茹でる…といった具合。

ご飯は、罪滅ぼしのカレーおにぎりです。

2017/8/10 (木)

昨日のストックがあるので、今日は1品だけ作ればOK。じゃあ久々にハンバーグに挑戦しますか!ということで挽肉を買い、玉ねぎと人参は前夜のうちに炒めておきました。

ところが、蓋を開けてみれば深夜に大学病院を1往復する羽目になり、布団に入れたのは実に朝4時前。ようやく起き上がれたのは7時を回ったころです。

ここからハンバーグ作りはさすがに無謀なので、代替案を実行です。

玉ねぎと人参が用意してあるので、ドライカレーが簡単にできるという寸法です。肉類がないと寂しいので買い置きのソーセージを入れましたが、今考えれば、挽肉を少し入れるというのでもよかったと思います。

具材を少し炒めたところにご飯を投入し、味付けは顆粒コンソメとカレー粉だけでOK。これがメインなので、大きいほうの弁当箱に詰めます。
こうなるとおかずは小さいほうの弁当箱なので、3品でも恰好がつきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする