タクシーの行き先入力でクーポン! 日本交通が期間限定「ポイント制」導入

東京のタクシー業界の雄、日本交通が、期間限定でポイント制を始めました。

「全国タクシー」アプリでタクシーを呼ぶ際、目的地まで指定して呼べば1ポイント、さらに事前確定運賃を利用すれば追加で1ポイントがもらえ、累計5ポイント、10ポイントでそれぞれクーポンがもらえるというものです。

「事前確定運賃応援」と銘打った今回のキャンペーン、まずは5ポイントを目指してみませんか。

キャンペーンの概要は?

今回のキャンペーン、正式には「事前確定運賃応援キャンペーン」といいます。2017年9月4日にスタートし、10月1日の乗車分まで対象になります。

全国タクシー|スタンプキャンペーン第2弾のお知らせ(事前確定運賃応援)
https://japantaxi.co.jp/cat-app/2017/09/04/app.html

この期間に以下の条件を満たして日本交通(東京23区・武蔵野三鷹)のタクシーに乗車すると、1回あたり1個ないし2個のスタンプがもらえます。スタンプ5個・10個でそれぞれクーポンがもらえます。

ネット決済の登録が必須

まず、「全国タクシー」アプリをインストールし、ネット決済に登録することが大前提です。

乗車時にネット決済を利用しなくても、おそらくポイント(スタンプ)はもらえると思います。が、賞品としてもらえるクーポンを利用するには、あらかじめネット決済への登録(クレジットカード等の登録)が必須となるのです。

もし、まだアプリをインストールしていない方、アカウント登録が済んでいない方は、クーポンコード「91d3bf」を入力していただくと、今回のキャンペーンとは別に、1000円分のクーポンがもらえます
いきなり1000円分の料金がタダになるのですから太っ腹ですよね。迎車料金を勘案しても、約1.5kmはタダで乗車できちゃいます。

目的地の入力が必須

上記の準備が済んでいるとして、いよいよタクシーを呼ぶわけですが、この際に大事な注意点があります。

「全国タクシー」アプリでは、「どこにタクシーを呼ぶか」を指定することが必須ですが、任意で「目的地はどこか」ということも指定できます。

今回のキャンペーンに参加したいなら、目的地の指定が必須となります。ということは、街で拾ったタクシーでネット決済する「JapanTaxi Wallet」は対象外ということになります。

そもそも、今回のキャンペーンは「事前確定運賃」のPRが目的です。事前確定運賃について、気になる方は以下のページを読んでいただきたいのですが…

2017年8月7日から2ヶ月間、東京23区のタクシーでちょっと変わった実験が始まります。タクシーを呼んだ時点で運賃が確定するというものです。...

スタートとゴールを指定しなければ、当然ですが運賃は事前に確定しません。なので、今回は「事前にアプリで目的地を指定した人だけ」を対象としているわけです。

タクシーを呼ぶ際に目的地まで告げるというのは、タクシーアプリ登場以前には余りなかった習慣といえるでしょう。
ただ、タクシー会社にしてみれば、目的地が事前に分かっていれば都合のいいこともあるわけで、これを機に「目的地入力」に慣れてもらえれば、という意図もあるのだと思います。

なお、その他条件として「即時配車のみ」というのもあるようです。これも、事前確定運賃の実証実験が(日本交通の場合は)即時配車のみ対象となっているからと思われます。

事前確定運賃でスタンプ2倍

以上のとおり、目的地を指定して日本交通(23区・武蔵野三鷹)のタクシーを呼ぶとスタンプが1個もらえます(同時に2台以上頼んでも1個)。

さらに、その際に「事前確定運賃」を選択すると、スタンプが追加で1個、計2個もらえます。

スタンプが5個たまるとクーポン1枚ゲット。さらにもう5個(累計10個)たまるともう1枚クーポンがもらえます

何円分のクーポンがもらえる?

何円分のクーポンがもらえるのかということは、公式サイトを探した限り記載がありません。前回(今春)もそうでした。

そこで今春の同種のキャンペーンの情報をお伝えしますが、スタンプ5個、10個ともに500円のクーポンがもらえました

また、2個目か3個目のときに「サプライズ」と称して500円のクーポンが発行されたので、ひょっとしたら今回も、5個達成を待たずに1枚もらえる、かもしれません。

上記はあくまで前回キャンペーンの情報ですし、意図的に金額を発表していない(と思われる)ため、顧客によってクーポンの金額を変えるような仕掛けもあるのかもしれませんが、一応の参考まで。

(2017/9/12追記)早速キャンペーンに参加してみたところ、やはり「サプライズ」がありました! 1乗車(事前確定運賃は利用せず)しただけでスタンプが2個たまり(つまり余計に1個もらえた計算)、かつ「サプライズクーポン」として、、10/1間で有効の500円券がもらえました。もちろん全員もらえるとは限りませんので、その点はご留意を。

もらったクーポンの使い道は?

このキャンペーンでもらったクーポンは、次回以降のタクシー乗車時に利用できます。

ただし、クーポンを利用するためには、全国タクシーアプリの「ネット決済」を利用することが必須です。逆にいえば、ネット決済に対応していれば、日本交通以外の会社のタクシーでも使えます。

現状、街で拾ったタクシーに対してネット決済を適用できる(=クーポンを消費できる)「JapanTaxi Wallet」に対応しているのは、東京の日本交通だけだと思います。他社では、クーポンを消費するには迎車が必須となります。

クーポンは1回の乗車につき1枚だけ使えます。また有効期限(おそらく、発行から1ヶ月程度)がありますので、消化できそうなときに消化したほうがよいでしょう。

(2017/9/12追記)サプライズクーポンの利用期限は10月1日でした。利用できる期間は1ヶ月未満です。今回のキャンペーン中に使ってね、ということかと思います。

クーポンはネット決済のアカウントに紐付いていますので、同一アカウントでログインする限り、複数台のスマートフォンで共有することも可能です(ネット決済の利用規約に違反しない限りは)。

まとめ

以上、2017年9月に行われる日本交通のキャンペーンについてのご紹介でした。

迎車が前提のキャンペーンですので、最低でも1乗車あたり820円。5回乗車で4100円です。これに対し500円のクーポンがつくとすれば、割引率は約1割といったところです。
実際には毎回初乗り運賃ということも珍しいでしょうから、たかだか数%の割引です。

ということで、大騒ぎするほどおトクでもないのですが、迎車の際に目的地を指定するだけでスタンプをもらえるのですから、「じゃあ指定してみようかな」と思いますよね。

我が家では、タクシーを呼ぶ際に目的地を指定することはすっかり当たり前の行為になっています。指定した目的地はタクシーのカーナビに反映されますから、乗った後がスムーズですし、道に迷うということもありません。
目的地を指定したことのない方、これを機に、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする