素人にもOK!子供用自転車のギア表示器を修理した

ムスコーは昨年末に20インチの自転車を購入しました。購入の決め手となったのは「6段変速」であること、そしてギアポジションを速度計のように表示するギミックでした。

ところが、このギアポジションの表示が1年足らずで壊れてしまいました。ギアを変えても表示が変わらないのです。

この程度の故障で自転車屋に金は払えぬ!と、DIY初心者のオットーが奮闘、何とか直しました。分かってしまえば単純で、ネジを1本外すだけの簡単作業ですが、意外に難航しました。

CI-DECK(CIデッキ)とは?

最近の男の子用自転車には、冒頭の画像のとおり、速度計のような機構がついたものが多いようです。筐体には「SHIMANO CI-DECK」という表示があります。

これ、シマノのCIデッキといって、速度計やギアポジションのインジケータなど、いくつかの計器をまとめて設置できるという製品です。新車購入時に装備されているケースが多いと思いますが、対応車種であれば後付けも可能です。

ムスコーの自転車の場合、右側にギアポジションのインジケータがついています。真ん中と左側は飾りがついているだけですが、ここに速度計やサイクルコンピュータを追加装備できるそうです。
当分ムスコーには内緒にしておきますが、「速度計のある自転車が欲しい!」と言われたときには安価に対応できます。

ギアポジションインジケータの分解

今回、このギアポジションインジケータの針が動かなくなってしまいました。

動作原理は分解するまでもなく分かります。インジケータにはワイヤーが1本入っており、このワイヤーを引っ張ったり緩めたりすることでインジケーターの針が動きます。
ワイヤーはギアのシフターにつながっており、シフターを回す(ギアを変える)とこのワイヤーが引っ張られたり緩んだりします。

今回、このワイヤーがどこかで外れてしまったと思われるので、まずはギアポジションインジケータを分解することにしました。

まず、CIデッキからインジケータを外します。裏側のツメ2本で止まっているだけなので、ツメを起こして表から押すと、インジケータは裏側にスポッと抜けます。ドライバーすら不要です。針を動かすワイヤーがよく見えますね。

次にインジケータの中を見てみます。下の写真のように細いネジ1本で止まっているだけですが、意外にネジが堅く、ネジ山をなめてしまいました。

そこで、洗濯機分解のときに買った「ネジ回し剤」の登場。効果は絶大です。高いものでもありませんので、これは道具箱に1本入れておくべきですね。

分解してみました。白い部分がワイヤーの引っ張りにより回転し、突起がメーター(写真に写っていません)に噛み合うことでメーターの針が動く仕組みですが、見たところワイヤーに異常はありません。

ということは、問題はシフター(ギアを変えるハンドル)のほうですね。

シフターの分解

インジケータは壊れても走行に影響ありませんが、シフターは下手をすると走れなくなりそうなので、慎重に作業します。

まずは「RevoShift」と書かれた外カバーを外します。ネジ2本で止まっていました。うち1本は裏側の分かりにくい場所にあるので、自転車を倒して作業しないと難しいかもしれません。

カバーは簡単に外れました。
ワイヤーに注目すると、シフターの入口のところに直径5mm弱の金属球が見えます。この金属球が、本来の場所から外れてしまったのだろうと推測されます。

では、この金属球は元々どこにあったのか? つくりを見る限り、一番おさまりがよさそうなのは以下の場所です。

試しにギアをチェンジしてみます。…あれ? 動くには動くのですが、ギアの状態とインジケータの表示が合いません。ギアを6段にするとインジケータは6弱あたりまでいくのですが、ギアを5にするとインジケータは3、4にすると2…という具合で、ギアを1にしたときにはインジケータはマイナス2ぐらいのところを指しています。

おそらく、ワイヤーが引っ張られすぎているのだと思います。が、長さを調整しようにも調整できる機構がありません。

説明書がありました

悩んだ末、説明書をウェブで検索することにしました。

ギアポジションインジケータの型番は「ID-TX51-6R」です。この型番でシマノのホームページを検索すると、「DM-ID0001-03」というマニュアルがヒットします。ここに答えがありました。

先ほどの金属球はどこに収めるべきか? 答えは「くぼみ部分」だそうです。

ここですか! 結構、入れにくいんですけど…

とりあえず入ったので、再度テストしました。すると今度はワイヤーが緩すぎるようで、ギアを1から上げていくと、5段ぐらいでユルユルになってしまい、針が動かなくなりました。

このような場合、ワイヤーの長さを調整ボルトで微調整せよ、ということになっています。これですね。

ボルトを相当引き出して、ようやくいい感じになりました。
半分ぐらい引き出したので強度的に不安ですが、シフターのカバーを復元するとそこまで気にならなくなりました。

これにて作業終了。試行錯誤の時間が長く、1時間以上かかってしまいましたが、最初から攻めどころが分かっていれば5分で直ります。

まとめ:初めての自転車いじりに好適?

以上、子供用自転車のギアポジションインジケータを修理した一件でした。

機械いじりの入門として、自転車は適していると思います。今回のようなインジケータだと、走ることに直接影響しにくい部分でもありますので、小学生を含め、初めて自転車をいじる人にはよい題材ではないかと思います。

などと偉そうに書いていますが、オットー自身、自転車の構造についてほとんど分かっていません。
そんな人でも修理できることが分かりましたので、同じ症状の方、、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ