スマホが勝手に喋る!その意外な原因は…

今や持っていないほうが珍しいくらいで、大人も子供も直感的に使っているスマホですが、時々よく分からない動作をするという点では、小さいながらもコンピュータだなと思わせます。

少し前になりますが、ツマーのスマホがおかしな動きをするようになりました。急に喋るというのです。

怪奇現象か?と思ったら、正体は「電波」でした

スマホが喋る、ただし意味不明

ある日の昼間、ツマーから電話がありました。「スマホが勝手にしゃべって怖い」とのことです。

話を聞くと、1時間に1回ぐらい、何も触っていないのに、スマホが突如として数秒間話すというのです。男性の声で、話している内容はまちまちながら、いずれも言語明瞭、意味不明瞭といった感じだそうです。

変なアプリの仕業か?

当初「誰かの嫌がらせか?」と思ったのですが、状況からして電話がかかってきたわけではなさそうです。

LINEのような、最近流行りの通話アプリかとも思ったのですが、そういうものをインストールしたという話は聞きません。
だとすると、何かのアプリが思わぬ不具合で音声を発しているのでしょうか。

音声検索が悪さをしている?

ウェブを検索してみましたが、「勝手にしゃべる」ことの原因としてよく挙げられていたのは、目が不自由な人向けの「読み上げ機能」でした。

その他、音声検索を使うと検索結果も音声で返ってくる、という情報も得られました。

が、いずれも「1時間に1回ぐらい、スマホに触っていないときに声がする」という事象の原因としては考えにくいところです。

その「声」が合成音声か否かで原因を絞り込めると思ったのですが、それもよく分からないということで、一旦は検討をやめ、「とりあえずマナーモードにしておけば?」とアドバイスしました。

起動中のアプリをチェック、真犯人は…

帰宅後すぐにスマホを見てみました。
Android機なので、左上の通知アイコンを確認して――おっとー! これかー!

何と、原因は「ワンセグ」でした

妻のスマホにはワンセグ機能があるのですが、イヤホンジャックに10cmぐらいの専用アンテナを差し込まないと映らない――ことになっています(普通のイヤホンを差してもいいらしいのですが)。
実際、ワンセグアプリの通知の内容も「映りません」といったことだったと思います。

しかしそこは電波。電話機の向きであったり、電話機と周囲にいる人の位置関係であったり、天候などの環境条件であったり、外的な条件で電波の受信レベルは微妙に変化します。
また、10cmほどの簡易なアンテナを差すだけで「映る、映らない」が変わるぐらいですから、アンテナなしでも「映る一歩手前」の受信レベルであることは想像できます。

1時間に1回ぐらい、偶然にもアンテナなしでワンセグの電波を復調できてしまい、一瞬だけ音が鳴った――そう考えれば合点がいきます。

ワンセグアプリを即座に終了して一件落着。以後、同じことは発生していません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする