誰でも暗算できちゃう! タクシー料金の計算方法を伝授します

予期せぬ長距離を急にタクシーで移動することになった――こんなとき、タクシーに縁遠い方は特に「いくらかかるんだろう?」と不安になると思います。1万円なのか2万円なのか、全く見当もつかないという方も多いでしょう。

しかし概算でよければ、タクシーの料金は簡単に計算できてしまうのです。しかも覚えることは1つだけで、かりにそれすら忘れたとしても、街を走るタクシーを見れば思い出せます。

このページでは、およそのタクシー料金を簡単に算出する方法をご紹介したいと思います。
なお、料金は東京23区+武蔵野三鷹の一般的なタクシー会社のものです。

概算の公式「1km 400円」

もったいぶってもしょうがないので、結論から。この公式を覚えてください。ハイ!

1kmあたり400円

公式というほどでもない、ごく簡単なルールです。あくまで概算ですが、10km乗れば4000円、20kmで8000円、ということになります。

初乗り料金で覚えよう

「400円」という数字を忘れてしまうと暗算できなくなるのですが、これには覚え方があります。

東京23区+武蔵野三鷹のタクシーの初乗りは410円になりましたよね。実はこの、初乗り「410円」の端数を取り去って簡単にしたのが「400円」という数字なのです。

種明かしをしますと、東京23区の標準的なタクシー料金は、初乗り1052mまで410円です。これをアバウトに表現すると「1000mで400円」、つまり「1km400円」になるわけです。

ですから、分からなくなったら「初乗りはいくらだっけ?」と考えてください。街を走るタクシーを見れば、窓に「1.052km \410」と書いてあるのですぐに思い出せますよ。

ちょっと混雑したときの料金が出てきます

こんな簡単な式で本当にいいの?と思われるかもしれません。でも結構、実際の料金に近い値が出るんです。

たとえば2km、5km、10km、20km、50km乗車したときについて、理論値(信号待ちや渋滞が全くない場合の料金)と、ご紹介した暗算法で算出した料金を比較してみました。

乗車距離理論値(円)暗算法の料金(円)差分
2km7308009.6%
5km1770200013.0%
10km3450400015.9%
20km6810800017.5%
50km161702000023.7%

1km400円で計算すると、理論値より高めに算出されることが分かります。距離が長くなればなるほど高めになっていきます。

ただ、ここでいう「理論値」は、信号待ちも渋滞も全くないという、およそ一般道ではあり得ないシチュエーションでの料金です。ですから実際にはこれより高くなるわけで、場合によっては暗算法の料金よりも高くなることもあります。

私たちの経験上、昼間の東京23区内の一般道で、概ねスムーズに車が流れていると、実際の料金は理論値の10%増しぐらいになります。若干渋滞すると20%増し、ひどい渋滞だと30%増しといったところです。

ですから、暗算法で出てくる料金は、5~20kmの範囲では「ちょっと道路が混雑しているときの料金」に近いといえます。まずまず実用的ではないでしょうか?

まとめ:距離さえ分かれば、料金は暗算できる

以上、実に簡単なタクシー料金の計算方法をご紹介しました。

そもそも距離が分かるのか?という突っ込みもあろうかと思いますが、もし大体でも距離が分かるならば、概算のタクシー料金は簡単に計算できるのです。少なくとも「1万円か2万円か」と悩むことはなくなります。

正確な料金の計算方法については別記事にまとめる予定です。私(オットー)は正確な計算方法を暗記してしまいましたが、計算に電卓は必須です。
その点「1km400円」という簡便な計算方法は暗算も簡単で、覚えていれば役に立つこともあると思います。

今回、東京23区+武蔵野三鷹を念頭に解説しましたが、「1km400円」という概算は、他の地域に行っても大きく外れることはないと思います。活用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする