地方タクシー探訪 (2) 宮城県塩竃市 まさかの地方都市クオリティ

東京23区のタクシーを常用している「自称・タクシー評論家」の私たちが、旅先で体験したタクシー事情を語る記事、第2弾は仙台市の近郊、宮城県塩竃市です。

地元の方からすれば「そんなの当たり前じゃん」ということばかりなのでしょうが、東京在住の方には、多少は参考になるのではないかと思います。

仙台市も合わせると、この日は5回もタクシーに乗りました。乗るたびに何か事件が起きるので、今回の旅行の目的は「タクシーを体験すること」なのではないかと思えてきました。

1乗車目:本塩釜駅→寿司屋(塩竃)

8月下旬の週末、家族で塩竃へ行きました。目的は寿司です。

目指す寿司屋は、本塩釜駅から徒歩10分ほどの距離でしたが、この日の塩竃は特に暑く、ツマーは東京からの大移動ですでに疲労し渋い顔。

駅前にはタクシーが4台待っていたので、迷わずタクシー利用を決めました。

短距離乗車はやはり嫌われる?

こんな近距離で大丈夫かな?と思いつつ、涼しい車内に乗り込みます。

「近くで申し訳ないんですが、○○寿司まで…」

注目の運転手さんの反応は――苦笑とも失笑ともつかぬもの。
とりあえず笑われました。この程度で済んだからよしとしましょうか。

まあ実際、笑っちゃうほど近いんですけどね。
駅からはほぼ一本道で、ロータリーを出た途端に目的地が見えるといった具合。

23区なら410円で済むところ、塩竃市の料金は1.5kmまで670円だったか。
領収書は当然のように出てきません。

家族3名、全員が「ありがとうございました」と言いながら下車したのですが、運転手さんからの返答はなし。

やはり短距離はご不満ですか。

2乗車目:寿司屋(塩竃)→仙台うみの杜水族館

ネタの分厚い寿司を食べ終え、タクシーを呼んでもらいました。
ものの5分で到着です。

レトロ車両と偽かりゆしウェア

ちょっと古めの車両かな、と思って乗り込むと――ちょっとどころじゃないよ!

当然のようにMT車で、無骨なシフトレバーが屹立しているのですが、根元のビニールカバーが外れかかっており、これを20~30本はあろうかという輪ゴムで縛って固定しています
今は昭和何年ですか。

運転手のいでたちもなかなかのもの。
これが沖縄だったら、ああ、観光客向けに「かりゆしウェア」を着用してるんだな!と感心するところですが、塩竃で「かりゆし」的な緩いシャツを着た運転手さんに遭遇するとは。

カーナビなどありませんが、行き先は有名な水族館なので、運転手さんは迷うことなく車を進めます。

Googleマップをチェックしていましたが、きちんと最短経路を走っており、何の心配もなく水族館近辺まで来ました。

まさかの「プチぼったくり」

ところどころに「津波云々」という標識があったので、ムスコーへの教育的効果も狙って、オットーは珍しく「震災のとき、この辺はどうでしたか」などと運転手さんに話しかけてみました。

ここから何かが狂い始めます。いや、最初から狂っていたのかもしれませんが。

とある交差点で水族館の建物が左手に見えたのですが、タクシーは左折せずに直進。
これは、水族館が右折入場を禁止しているためで、道路標識も「水族館は直進」となっているので理解できます。

次の交差点で左折すると、そこは3車線で、左から「三陸道 水族館 水族館」という標識が出ています。
しかし津波の話に夢中の運転手さん、一番左の「三陸道」レーンを直進
タクシーだとこっちからも行けるの?と思いながら見守っていると、当たり前ですが車は円形のランプウェイへと突っ込んでいきます。

おっと違った」と言いながら、強引に元の道に戻りました。

そしてここからがアンビリーバブル。
次の交差点で左折し、水族館への最終着陸態勢に入ったので、オットーはタブレット端末をカバンにしまって財布を取り出したのですが、その数十秒後、タクシーは右折。

――ん? そっちは海では??

位置関係に違和感を覚えつつも黙って乗っていると、水族館にはなかなか着きません。

左折を何度か繰り返し、思ったのとは違うところに水族館の建物が見えてきました。

タクシープールがあるのですが、「ここでいい?」と降ろされたのは本線上。
まあ、目くじらを立てるほどの交通量ではありませんでしたが。

余裕で3000円を切ると思われた料金は、「右折入場禁止」の影響もあり、いつの間にか3000円を超えていました

釈然としないままタクシーを降り、あとでGoogleマップのタイムラインを確認してみると、やはり不要な大回りをしていたことが発覚

概算ですが、700~800mは余計に走ったようです。
差額は3メーター程度、金額にして250~300円と思われます。

3000円前後の乗車で250円ですから目くじらを立てるほどでもなく、誤差の範囲ということもできます。

しかし、平成も終わろうとしている日本に、わざと遠回りをするタクシー運転手がまだいたのか!ということに衝撃を受けました。

前述のとおりボロ車でしたが、そこはやはり平成30年、ドライブレコーダーは搭載されていました
記録映像を再生すれば、何をやったかはバレバレです。

私がタクシー会社に文句をいえば、運転手さんは相当な苦境に立たされると思うのですが、そういうことまで頭が回らないのでしょうか。

観光客は自衛を、タクシー関係者は猛省を

塩竃は東京からすれば田舎といえますが、それでも仙台近郊の地方都市です。

塩竃レベルでこうなのですから、全国的にはこの手のタクシー運転手がまだまだ残っているのではないか、と考えるのが自然です。

タクシーを降りてから、この一件についてひとしきり盛り上がりました。

ツマーは
「よそ者だと思ってナメられた。もう車内で東京の話はしない
とのこと。

恰好でバレるような気はしますが、一定の対策にはなるでしょう。

また、オットーの考えた対策は、一人が助手席に座り、スマホ等でカーナビアプリ(Googleマップ、Yahoo!カーナビ等)を常時立ち上げておく、というもの。

乗客が、目的地までの距離や方向をおおまかにでも把握していれば、万一の際にとれる対応は変わってくると思うのです。

――というのが今回得られた教訓ですが、海外旅行でもないのに、何でこんな心配をしなきゃいけないんだ、という思いは強くあります。

正直、この一件で、私たちにとっての塩竃のイメージは大きく毀損されました。

特に観光を主な収入源としている地域では、観光客にこうした負の印象を持たれることは死活問題です
「悪事千里を走る」の言葉どおり、悪評はSNS等で瞬時に拡散する時代です。

そうでなくても、ドライブレコーダーやGoogleマップのタイムライン等、移動経路を客観的に証明できる手段は日本全国に浸透しています。
うまく逃げおおせたと思っても、あとで動かぬ証拠を突きつけられる――こんな展開はドラマの世界だけではありません。

これを読んでいるタクシー関係の皆様。
間違っても意図的な遠回りなどするものではないと、肝に銘じていただきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ