急な価格変動に勝つ!Amazon定期おトク便の裏技

Amazonの販売価格は、実はけっこう変動しています。定期おトク便は毎月決まった日の価格で購入することになるので、高値のタイミングで購入してしまうときがあります。
しかし、それに気付くことができれば、高値掴みを回避できる技があるのです。

リンス価格急騰!

定期おトク便を利用していると、発送の数日前にお知らせメールが来て、ご丁寧に「今回価格と前回購入時の価格比較」が載っています。Amazonの価格は日々変動しているので、これ自体は想定の範囲内です。

しかし、この前のメールには驚かされました。
発送数日前に「リンスが値上がりしました」というお知らせが来たわけです。なかなかショッキングな値上がりでして、前回価格が435円のところ、今回は何と646円!

オットー
リンス価格の急騰とは、意味が分からん
ツマー
これが株価なら嬉しいけどね

こんな高値で買うのは悔しい! そう思ったなら「今回は買わない」という選択ができます。これは別の記事で触れたとおりです。

Amazonの「定期おトク便」、活用していますか? 定期的に購入するものを月1回まとめて届けてくれるというサービスです。その名のとおり、便利...

しかしリンスの残量は1ヶ月分もなさそう。なくなりそうな時点で発送日を繰り上げる技を使おうかな…(上記の別記事参照)。いや諦めて今回買おうかな…。

めげずに現在価格をチェックしてみよう

そこで、たまたま現在のリンスの価格を見てみたのです。すると価格は435円。あれ? 前回と同価格じゃん!
どういうこと? 発送まであと数日あるので、それまでの間に値上がりしますという予告が来たのでしょうか? だとしたらいつ買うの? 今でしょ!
――と一時は頭が混乱したのですが、よーく調べてみたら逆でした。しばらく値上がりしていたのですが、つい最近、元の価格に戻ったところだったのです。

以下、ちょっと長くなりますが、仕組みを説明しますね。

定期おトク便の仕組みはこうなっている

スケジュール

定期おトク便の毎月のスケジュールは以下のようになっています。ここでは配送予定日が毎月19日だとします。

  • 9日 注文の作成
  • 10日 注文内容お知らせメール(価格改定のお知らせ含む)
  • 14日 注文更新の期限(この日までなら変更がきく)
  • 15日 支払処理(注文が確定される)
  • 19日 配送予定(実際には数日早く来ることが多い)

注文の作成から配送まで10日かかっています。そして、価格は注文の作成時点で決まります
今回は、9日時点では前回より高値だったものの、10日時点では値下がりして前回と同価格になっていたのです。

ツマー
かなりレアなケースじゃない?

オットー
いや、一時期amazonの価格変動を毎日チェックしてたんだけど、数日間だけ値上げするような妙な動きは時々あるね

その価格、いつの価格?

表示される価格が「現在の価格」なのか「注文作成時の価格」なのか分かりにくいのですが、以下のように考えてください。

  • メールに書いてあるのは「注文作成時の価格」
  • ウェブで各商品のページを見たときに表示されるのは「現在の価格」
  • 定期おトク便の管理画面から、最新の注文番号をクリックして確認できるのは「注文作成時の価格」

一度決まった価格を「仕切り直し」する技

仕組みは分かりました。では、直近のおトク便の配送でリンスを安値で買うにはどうすればいいのでしょうか?

試行錯誤の末、その答えを見つけました。方法は以下の2ステップです。

ステップ1:注文を取り消す

まず、今作成されている注文を取り消します。これは簡単で、定期おトク便の管理画面から「次回配送分をキャンセル」すればOKです。

ステップ2:注文を作り直す

次に、あらためてリンスを注文するわけですが、間違って「今すぐ追加分を発送」を選択しないでください!! これを選択すると定期おトク便ではなく通常の購入として扱われるので、10%割引はなくなりますし、安い商品なら送料もかかってしまいます

オットー
上記画像はダメな例ですからね!

正解は「配送スケジュールを変更」です。

個数と頻度は変更なしでよいのですが、「次回のお届け月」を「直近の月」に変更しましょう

直近の配送が2月19日であれば、ここで「2月」を選択できるはずです。

これにより、次回の配送にリンスが加えられ、リンスの注文が「今、新たに作られる」のです。ということは…そう、現在の価格で注文が作成されます

注文の作成時期は他のおトク便商品より遅くなりましたが、発送は15日の支払処理の後ですから、他の商品と同時発送になります。10分ほど待ってから管理画面を確認すると、リンスのステータスが他の商品と同じく「発送準備中」になっているはずです。

注意:もしも現在のほうが高値だったら?

最後に一つ、注文作成後に値上がりが発生している商品もありますから注意してくださいね。安値のときに注文し、既得権を得られている状態です。この注文を誤って取り消してしまったら、今の価格で注文が作り直されて大損ですよ!

終わりに

以上、amazonからのお知らせメールで値上がりに気付いた際の上手な対処方法について解説しました。
お知らせメール到着から注文更新の期限までの間にも価格が上下する可能性はあるので、特にメールで値上がりが通告された場合には、こまめな価格チェックをおすすめします。

ちなみにオットーは、一時期、定期おトク便で買っている商品の価格を毎日チェックしていました。面倒になってやめてしまいましたが、不規則に価格が変動する商品があって興味深いですよ。時間に余裕があれば、さらなる節約を目指してチェックしてみてください!

オットー
工夫すれば自動で価格を調べて、グラフとか描けそうだけどね。そこまでの情熱はないな

ツマー
頑張って実現して、情熱大陸に出てよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ