2018年10月、ダイエーでイオンギフトカード使用可能に

2018年10月2日、ダイエー(グルメシティ)でイオンギフトカードが使用可能になったことを確認しました。

これで、ダイエー店舗の「イオン化」がまた一歩進みました。

イオン関連会社の株主にとっては福音といえます。

イオンギフトカードとは?

イオンギフトカードとは、イオングループ各店で利用できるプリペイドカードです。

カードの形態はクレジットカード状の磁気カードです。

カードには一定金額のバリューがチャージされています。
1円単位で使用できますので、釣り銭はそもそも不要です。

手持ちのカードにバリューを再チャージすることはできません。

カードの残高はインターネットでも確認できるとのことなので、残高はネットワーク上に記録されていると考えられます。

技術的な違いはあれど、消費者から見れば「イオンでしか使えないクオカード」といったところですね。

2018年10月、グルメシティに変化が!

突然の「カード回収箱」登場

2018年10月、よく利用するグルメシティへ行くと、レジを抜けたところに「イオンギフトカード回収箱」が設置されていました!

イオンギフトカードは前述のとおりクレジットカード状なので、結構分厚いカードです。

しかし再チャージはできず使い捨てなので、手元には分厚いゴミが残ります。

これをゴミとして捨てるのはもったいないので、店で回収します!というので、件の回収箱が設けられたわけですね。

他の掲示はなし

これを見たオットーは色めき立ちました。

カードの回収箱が設置されたということは、イオンギフトカードがグルメシティでも利用できるようになった、と考えるのが自然です。

急にそわそわし出して、店内の掲示を一通り見て回ったのですが、「使用可能になりました」という掲示は見当たりません

レジの人に聞けばいいのですが、忙しそうでなかなか声をかけられません。

結局、モヤモヤしたまま店を去りました。

カスタマーサポートに確認の結果…

ネット上にも新たな情報はなく、2015年時点では「ダイエーでイオンギフトカードは利用不可」という情報があるだけでした。

そこで翌日、ダイエーのカスタマーサポートに問い合わせてみました。

なかなかレスポンスが早く、ものの数時間で回答がありました。

やはり、2018年10月2日から、ダイエー・グルメシティ(全店かは分かりません)でイオンギフトカードの取り扱いを開始したとのことです。

やったー!!

地味なイオンギフトカード、株主優待で大活躍!

ところで、ここでご紹介している「イオンギフトカード」、実物を見たことがある方は意外と少ないのではないでしょうか。

ひょっとすると、「買い物=イオン」という地域では、通貨のごとく大量に流通しているのかもしれません。

しかし、イオン店舗の少ない私たちの生活圏では見かけることが稀です。

そんなイオンギフトカードが、数年前から我が家に送られてくるようになりました。

イオン系数社の株主優待です。

株主優待でイオンギフトカードをもらえるのはこの会社

私たちは株主優待目当ての投資をしています。
(興味のある方は以下の記事をご覧ください。)

私たちが株主優待目当ての投資をどのような考えで行っているか、最初にまとめておきます。 どこまでリスクを取るか、リターンとして何を目指す...

株主優待品としてイオンギフトカードをもらえる企業としては以下の会社があります。

  • イオンモール(8905)
  • イオンディライト(9787)

他にもあるかもしれませんが、私たちは上記2社からイオンギフトカードを何度かいただきました。

なお、親会社のイオン(8267)は、イオンギフトカードではなく、買い物の代金から3~7%をキャッシュバックしてくれる「オーナーズカード」を送ってきてくれます。

このオーナーズカードはダイエーでも使えますので、ダイエーをよく利用する方は要チェックですよ。

もし「使えません」と言われても、諦めずに試してみよう

閑話休題、ダイエー・グルメシティでイオンギフトカードが利用できるようになったことが分かりました。

これまで私たちは、やや不便な場所にある(かつ、全般的に割高な)ピーコックストアで仕方なくイオンギフトカードを消費していました。

でも、これからは日常の買い物でバンバン消費できます!

取扱開始数日後、全く浸透していない

喜び勇んでグルメシティに行き、「これ、使えるようになったんですよね?」とイオンギフトカードを差し出したのですが…

レジのおばちゃん、イオンギフトカードをICカードの読み取り部にかざします。

違いますから! 単なるプラスチックカードですから!

「クレジットカードみたいに読み取るんですよ」と説明したのですが、単にカードスキャンするだけではエラーが出ます。

レジのおばちゃん、隣のレジにいた男性(多分そこそこ偉い社員)に尋ねたのですが、「使えません」との回答。

いやー、ある程度想像はしていましたが、現場に浸透してませんねー。

すでに10種類以上の決済手段に対応しているわけですから、取扱頻度の低いものまで覚えていられない、という事情は分かりますが。

レジ打ちの方法はこうだった!

おばちゃんは諦めずに方法を探っていましたが、オットーが

「あそこに回収箱ができましたよね? あのカードです」

と助け舟を出したところ、おばちゃん、ついにひらめきました。鋭い!

2018年春に導入された新型レジでは、商品スキャンが終了したところで「その他の支払い」といったボタンが表示されます。

このボタンを押すと、候補の中に「イオンギフトカード」がちゃんと入っています。

「イオンギフトカード」を選択して、カードをスキャンすればOKです。

ただし、カードスキャンから決済完了まで一呼吸待たされます。
センターに残高を問い合わせているのかもしれませんが、初めてだとドキッとします。

実は今回、間の悪いことに残高不足で、レジのおばちゃんに渡したイオンギフトカードで全額を支払うことができませんでした。

このような場合、ひとまずスキャンしたカードを使い切り(レジの操作は注意して見ていませんでした)、あらためて「その他の支払い」→「イオンギフトカード」と進んでいけば、不足額を2枚目のイオンギフトカードから支払うことができます

終わりに

以上、ダイエーでイオンギフトカードが使えるようになった、という件でした。

この記事の公開前日、ダイエーの公式ホームページでも確認できるようになりました。

よくあるご質問(ダイエー)
http://www.daiei.co.jp/contact/faq/index.html?no=0

最後の方で実況中継したとおり、店舗によっては「使えるようになった」ということがほとんど浸透していないようです。

ですから「使えません」と言われても諦めるのではなく、「その他の支払い」ボタンを押してみる等、少し頑張ると実際には使える、ということがありそうです。

イオンギフトカードを持て余している方、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ