WAONかイオンカードか? ダイエーで一番得する支払方法はこれ!

今や日本の流通業界を代表するグループとなったイオン。電子マネー「WAON」とクレジットの「イオンカード」という2枚看板を有していますが、どちらを利用した方が得なのか、非常にわかりにくくなっています。

これに輪をかけて難しいのがダイエーです。イオン傘下に入ったので、元々のイオン店舗と似た感じで各種ポイントが付与されるのですが、ポイントの付き方や「毎月○日」のキャンペーンが微妙に違うのです。

結局、ダイエーで買い物をするときにはWAON払いがいいの? イオンカード払いがいいの? その疑問にお答えしたいと思います。

ツマー
で、どっちなの?

オットー
日によるね

ツマー
やっぱり分かりにくい…

お持ちのイオンカードは何ですか?

まず最初に、あなたがお持ちのイオンカードは何でしょうか? WAONとイオンカードで迷うからには双方のカードをお持ちだとは思いますが、イオンカードの種類によって「どちらがお得か」がまず変わってきます。

一番おトクなのは「イオンカードセレクト」

お持ちのカードが「イオンカードセレクト」の方。お目が高い。これが今、ダイエーを含むイオン系列のお店で一番トクするカードといえます。

簡単にいうと「イオンカード+WAON+イオン銀行のキャッシュカード」が一体になったカードです。発行するとイオン銀行の口座もついてきて、カード利用額の引き落としはイオン銀行の口座になります。他の銀行をメインに使っている方は若干面倒です。

が、その面倒を補って余りある特典が「WAONオートチャージ時のポイント付与」です。イオンカードセレクトに付属のWAONは、買い物時に残高が一定額を下回ると銀行口座から自動的にチャージする「オートチャージ」という機能があるのですが、これを利用すると、チャージ額に対して0.5%のWAONポイントが貯まるのです。この特典があるのはイオンカードセレクトだけです。

この、オートチャージに対する特典があるという前提なら、ダイエーでの支払いはWAON決済が一番おトクになります。ただし特別な日にはイオンカード決済のほうが有利なこともあります。

それ以外のカードの方は…

お持ちのイオンカードが「イオンカードセレクト」以外の方は、総じてWAONよりイオンカード決済のほうがおトクです。これは、WAONで決済してもオートチャージの0.5%がないためです。ただし例外の日もありますので、次節の表をよく見てください。

日別・ポイント付与率まとめ

それでは、日ごとのポイント付与率を表にまとめたものをご覧ください。

イオンカード決済WAON決済
(イオンカードセレクト)
WAON決済
(セレクト以外)
その他決済
+WAON POINTカード
付与されるポイント ときめきポイントWAONポイントWAONポイントWAON POINT
1通常日以下を除く毎日ときめきポイント2倍
(ポイント1%付与)
(ポイント最大1.2%付与)(ポイント最大0.7%付与)(ポイント0.5%付与)
2お客さま感謝デー毎月20・30日5%割引
ときめきポイント2倍
(ポイント1%付与)
5%割引
(ポイント最大1.2%付与)
5%割引
(ポイント最大0.7%付与)
5%割引
(ポイント0.5%付与)
3毎週日曜日ポイント10倍毎週日曜日ときめきポイント10倍
(ポイント5%付与)
WAONポイント10倍
(ポイント最大5.7%付与)
WAONポイント10倍
(ポイント最大5.2%付与)
対象外
(ポイント0.5%付与)
45のつく日ポイント5倍(55歳以上限定)毎月5・15・25日ときめきポイント2+5倍
(ポイント3.5%付与)
対象外
(ポイント最大1.2%付与)
対象外
(ポイント最大0.7%付与)
WAON POINT5倍
(ポイント2.5%付与)
5オートチャージポイントアップ毎月5・15・25日ステージにより、オートチャージ時のWAONポイントが通常0.5%付与→最大1.5%付与

通常日と20・30日は「セレクトWAON」が最強

まず表の1番、通常日について比較してみます。イオンカード決済だとポイント1%付与(200円ごとに2ときめきポイント)ですが、通常のWAON決済だと当日買い物額の0.5%(200円ごとに1WAONポイント)+1ヶ月のダイエー利用高の0.2%(500円ごとに1WAONポイント)となります。これだけ比べるとイオンカード決済のほうが有利です。

しかし、イオンカードセレクトの「オートチャージ特典(0.5%)」まで加味するとWAON決済のポイント付与率は1.2%となり、これが最もおトクということになります。

次に表の2番、20日・30日の「お客さま感謝デー」はポイント付与については普段と同じで、商品価格が5%割引になるというもの。イオンカードやWAON POINTカードの「提示」、あるいはWAON決済で割引対象となります。要するに、表に載っているカードをどれか利用すればOKということで、イオンカードセレクトのWAONが最もおトクということに変わりはありません。

穴場か?「WAON POINTカード+他社クレジット」の併用

この表だけを見ると、一番右の列「その他決済」は全然ダメな気がしますが、実はそうでもありません。

イオンカード以外のクレジットカードとWAON POINTカードは併用可能ですので、高還元率のクレジットカードを持っている人は、この決済方法が一番おトクということがあり得ます。

オットーの場合、メインで使っているクレジットカードはだいたいポイント還元率が1%です。これにWAON POINTカードの0.5%ポイント付与が加わると計1.5%となり、実はこれが一番おトクということになります。

また、イオンカードやWAONは「1回の支払ごとに端数(200円未満)を切り捨ててポイント付与」となっているので無駄が多いのですが、他の多くのクレジットカードでは「1ヶ月の支払額全体に対して、端数を切り捨ててポイント付与」となっているので、この決済方法だと端数分の無駄が抑えられるという効果もあります。

ツマー
じゃあ何で、わざわざイオンカードセレクトを作ったの?

オットー
イオンカード以外のクレジット払いだと、株主優待の「イオンオーナーズカード」が使えないからね

毎週日曜はWAONが一番おトク

次に表の3番、毎週日曜日のポイント10倍デー。これは要注意です。

何と、イオンカードのポイントは実質5倍にしかならないのです。
実は、イオンカードをダイエーで使う場合、ときめきポイントはいつでも2倍ということになっています。他店では通常200円で1ポイントのところ、ダイエーでは常に200円で2ポイントだ、という理屈です。なので「日曜日はポイント10倍!」といっても「普段の10倍」ではなく「通常2倍のところ、日曜日は10倍」ということなのです。

これに対してWAONは、通常0.5%ポイント付与のところ、10倍の5%のポイントが付与されます。こちらは本当に10倍です。

このため、イオンカードセレクトでないWAONの場合にも(月間利用高の0.2%ポイントを含め)5.2%のポイントが付与され、イオンカード決済よりもおトクになります。つまり日曜日はWAONが一番おトクなのです。

その他決済+WAON POINTカードは本キャンペーンの対象外になるので、この日ばかりはWAON決済がおすすめです。

ツマー
そうなんだ。WAONって無料で入手できるの?

オットー
通常は有料だよ。でもイオンカードセレクトは無料

ツマー
優秀だね、イオンカードセレクトは

オットー
うまくすれば、入会時に数千円のボーナスもつくしね

55歳以上限定、5のつく日は断然イオンカード決済

お次は表の4番、「5の付く日ポイント5倍」というキャンペーン。2017年3月5日までは誰でも対象だったのですが、2017年3月15日以降、これは「55歳以上のカード会員限定」となりました(下記写真参照)。以下、あなたが55歳以上と仮定して話を進めます(我が家は対象外です)。

この日は優劣がはっきりしています。WAONはこのキャンペーンの対象外なのです。一方、イオンカードは「普段2倍だけど、この日は5倍」ではなく、なぜか「普段2倍だけど、この日は2+5倍」という大盤振る舞い。これはもうイオンカード決済で決まりです。

なお、通常ポイントは即日(あるいは至近のカード請求明細書で)付与されますが、ボーナス分は翌月付与となるそうです。おそらく、会員登録内容(生年月日)から年齢を判断してボーナスポイントの有無を判定する必要があるため、事後処理になるのでしょう。

「セレクトWAON」のボーナスステージ! 5のつく日のオートチャージ

最後に、イオンカードセレクトのヘビーユーザー限定ですが、毎月5のつく日にオートチャージするとポイントが最大1.5%もらえます。

意外に高いハードル

ただ条件はけっこう厳しく、過去半年間(4~9月もしくは10~3月)に10万円以上イオンカードセレクト(クレジット決済もしくはWAON決済)を利用していないといけません。
ステージ1(半年10万円以上)でポイント1.5倍(0.75%)、ステージ2(同30万円以上)でポイント2倍(1%)、ステージ3(同50万円以上)でポイント3倍(1.5%)となります。

ダイエーをメインの買い物先にしていれば独身でも半年10万円はクリアできそうですが、30万円あたりからは所帯持ちでも若干厳しそうで、50万円となると、イオンカードセレクトをメインカードとして利用しなければ難しいと思います。

「狙ってオートチャージ」の難しさ

さらに難しいのは、5のつく日に「買い物する」のではなく、5のつく日に「オートチャージする」ことが必要だという点です。

買い物であれば、意図的に買いだめすることは簡単です。調味料や米など、日持ちして値の張るものをこの日に買えばいいという話です。

しかし、この日に多額のオートチャージをするためには、前日までにWAONのチャージ残高を意図的に減らし(なおかつオートチャージはせず)、5のつく日に何か(少額でもいいので)買い物をしてバーンと多額のチャージをする――という仕込みが必要になります。言い換えればWAON残高のコントロールがいるわけです。
オートチャージの設定をいちいち変更するという手もありますが、毎回やるのも面倒です。

ツマー
私には無理だなー

オットー
ネットで調べると、頑張ってやってる人もいるみたいだけどね。オマケ程度に考えたほうがいいかも

「5のつく日ポイント5倍」との相性は最悪

そしてダイエーでは、前述のとおり「55歳以上は、5のつく日はWAON決済が不利」なのでした。しかしオートチャージは5のつく日にやるのがおトク。55歳以上だと、どちらを取るか、実に悩ましいところです。

オットー
WAONで小物を1つだけ買ってオートチャージして、残りはイオンカード決済にするとかね

ツマー
私には無理だー

まとめ

例外的な日を除けば、以下のような結論になります。

  • イオンカードセレクトを持っている方は、オートチャージ利用を前提として、WAON決済がおすすめ
  • その他のイオンカードをお持ちなら、イオンカードのクレジット決済がおすすめ
  • イオンカード以外の高還元クレジットカード(おおむね還元率0.7%以上)をお持ちなら、このクレジットカードをWAON POINTカードと併用するのがおすすめ(※ただし株主優待と併用不可)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AdSense 関連コンテンツ

スポンサーリンクと関連コンテンツ


フォローする

コメント

  1. ニーナママ より:

    初コメントさせて頂きます☆
    ヨーカ堂ポイント関連を検索中にこちらに辿り着きました。
    知りたい事が盛り沢山に書いてあってとても読みやすいし、説明が親切丁寧でわかりやすくて助かりました!
    ありがとうございます♫

    • ツマー より:

      コメントありがとうございます!(当サイト初のコメントです)
      実は我が家もメインで使っているのはイトーヨーカドーなのですが、
      イトーヨーカドーは、セブンカードプラスを持っていれば、迷うことはほとんどないんですよね。
      それに比べてイオン系店舗はポイント制度が分かりにくいと思います。
      さらにダイエーは一ひねりあって、かつウェブ上に情報があまりないので、私たちもようやく理解したところです。
      お役に立てたなら何よりです。